2006年 07月 10日
二輪免許取得物語 (第16 最終話) 完璧 スクーピー50
    * * * * *  最 終 章  * * * * *

b0095299_937332.jpg名前が呼ばれ,ヘルメット手袋装備,淡々と発進の手順を済しスタート、練習と同じ 「良し落ち着いてる」一安心。
彼女を目で追わえていますが、何の迷いも無く自信もって課題を難なくクリアーしていきます。
法規走行も完璧に教えたコースを走ってます、安全確認・加速・減速メリハリもある。
走ってる姿は超スムーズ、振ら付きも無く上手に見えます。
辛口の採点仕様でチェックして見てますが、減点無いですね〜。
「本番でここまで走れるとは・・・予想外」
「練習どうりの力を出してます」「後は急制動のみ」
進入スピード申し分なし。急制動も完璧、後は発着点に帰るのみ。

彼女満艶の笑顔で 「終わったぁ〜 ドキドキしてたョ!」
「えっ 今か?」
「試験中ですョ〜! で どうでしたぁ?」
「もう〜完璧ゃ!受かってると思う いや受かってる」私も笑顔

試験官より
「好く練習して来てるなぁ、きみは 初回受験やなぁ・・・おめでとう」 「合格予定です」

明後日 試験官と雑談中に
「ー昨日,普通二輪で大暴走したのが居てなぁ しかし危なかったなぁ」
「“ 試験場で事故 ”シャレにも成らんよなぁ〜」
「あれは あれでビックリしたがそれよりも、凄い女性が一人 小型ATで満点合格が出てなァ、進路変更・安全確認・その他コース走行も完璧、知り尽くしてる『バックにプロの指導員がいるなぁ』 そう言う走りやった・・・。」
「あっそォー・・・・へェー凄いね」

   < 一発合格おめでとうございます >

スクーター買って3週間 「街乗りが怖い〜 」 の 彼女 図書館でお会いしましょう。
・・・減点0・満点合格でした。

------------------- 終 わ り -----------------
[PR]

by pv1434-1 | 2006-07-10 01:29 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://private01.exblog.jp/tb/5227063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かし銀翼 at 2006-07-10 11:23 x
一発合格おめでとうございます。
ライブ感のあるレポで、昨年のことなのに、楽しく読ませていただきました。結果は聞いていましたが、結構ドキドキしました。
Commented by pv1434-1 at 2006-07-10 13:26
かし銀翼さん、教える事の快感「笑顔」に尽きる。乗る楽しみとは別の・・・。我が身を削って信頼関係を生むと最高の爽快感が得られます。「努力の後の達成感に勝る快感無し」
Commented by なっちん at 2006-07-21 12:46 x
お昼休み中に、職場パソからお邪魔しとります。30キロさえ恐ろしかったのに、今では警察の目を多少気にしつつも平気で60キロ出して走れるようになりました。覚えの悪い生徒で、随分手こずらせましたな。当分、原付ライダーでいく予定ですが、もしも小型バイク買うことになったら、また安全講習会に参加したいなーと思います。
Commented by なっちん at 2006-07-21 12:47 x
かし銀翼さん、ありがとうございます。わたくしのへっぽこ免許取得ストーリーなんかを楽しんで下すってありがたいことです。


<< ライディングフォーム基礎編      淡路安全運転二輪講習会 >>