2007年 03月 06日
【ザ・ダイバー】
b0095299_3302053.jpgアメリカ海軍で黒人として初めて“マイスター・ダイバー”となった伝説の男の栄光までの苦難の道・・・実話(2001年作)

貧しい小作農民の子として生まれたアフリカ系アメリカ人のカール・ブラシア。夢を抱いて海軍に入隊した彼を待っていたのは、黒人はコックか雑用係という厳しい現実だった。が、彼の泳ぎの才能を見てとったプルマン大佐から甲板兵に取り立てられる。やがて、ある事件をきっかけに、彼はダイバーになることを決意するのだったが……。
事故で片足を失う、ここから本当の苦難が待ち受ける。
「ロバート・デ・ニーロ」が いいね!

*40歳で・・・片足で現役に復帰したブラシアは、49歳まで、現役ダイバーをつとめて米国海軍のダイバーとしての最高位であるマスターダ-バーに、これもアフリカ系で初めて就任する。
[PR]

by pv1434-1 | 2007-03-06 03:35 | 本&DVD/テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://private01.exblog.jp/tb/6566737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ライディング実践編(低速千鳥走...      スクータネイキッドJog50 >>