人気ブログランキング |
2007年 09月 26日
1977年・第2回F-1日本GP・富士スピードウェイ
b0095299_095178.jpg1977年のF-1日本グランプリではロニー・ピーターソン(タイレル)とジル・ヴィルヌーヴ(フェラーリ)が第1コーナーでクラッシュ。
b0095299_0111122.jpgこのクラッシュで宙を舞ったヴィルヌーヴのマシンは立ち入り禁止区域にいた観客2名に激突し、
死亡事故が起きた(ヴィルヌーヴは無事)
この事故の衝撃や、当時暴走族の傍若無人なふるまいが大きな話題となった事もあり「モータースポーツ=危険」という認識が広がった。

これだけが原因ではないがそれ以来、日本からF-1GPが姿を消す。
「興行的にも採算が取れなかった」のが本音かも?
当時の写真、時代を感じる、まるで草レースの様な・・見てる方は迫力あったと思う。

◆いいニュースです、
アグリチームに新たなスポンサーロゴが描かれる事となった。
マシーンにはこれまでの [SS UNITED] のロゴは無くなり[FOUR LEAF、AUTOBACS、カロッツェリア、カップヌードル]のロゴが描かれる、
マシーンの雰囲気が変わるかも?これも一つの楽しみ。
b0095299_2046236.jpg1977年F1日本GP




星野一義・伝説の黄色ラインのメットが泣かせる!


by pv1434-1 | 2007-09-26 00:12 | F-1 & モ-タ- スポ-ツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://private01.exblog.jp/tb/7494120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< F-1 ドライバー 『ロニー・...      F-1日本GP・富士スピードウェイ >>