人気ブログランキング |
2008年 09月 28日
幻想的な予選が終わった。
第15戦予選、初めてQ3に出れた中嶋一貴(ウィリアムズ):10位 Q3-1分47.547秒のコメント。
b0095299_8394722.jpg「今日は僕にとって素晴らしい予選でした。シーズンを通してQ3進出をわずかな差で何度も逃していたので、トップ10に入ったことはとてもよかったです。
最初の2回のセッションのあと、いつもの渋滞問題があり、一度しかチャンスがないばかりか、初めて余分に燃料を積んで予選を走るのは難しかったです。
チームはとてもよいマシンを用意してくれたので、ここではどのセッションでもとても競争力がありました。
明日はよいスタートをして最後までこの競争力を維持する必要があります」

好調だったアロンソ(ルノー)Q2でトラブルによりアタックできず!



第15戦シンガポールGP予選

Pos. ドライバー コンストラクターズ
01) マッサ(フェラーリ)
02) ハミルトン(マクラーレン)
03) ライコネン(フェラーリ)
04) クビサ(BMWザウバー)
05) コバライネン(マクラーレン)
06) ハイドフェルド(BMWザウバー)
07) ヴェッテル(トロ・ロッソ)
08) グロック(トヨタ)
09) ロズベルグ(ウィリアムズ)
10) 中嶋一貴(ウィリアムズ)
11) トゥルーリ(トヨタ)
12) バトン(ホンダ)
13) ウェバー(レッドブル)
14) クルサード(レッドブル)
15) アロンソ(ルノー)
16) ピケ・ジュニア(ルノー)
17) ボーデ(トロ・ロッソ)
18) バリチェロ(ホンダ)
19) スーティル(フォース・インディア)
20) フィジケラ(フォース・インディア)

予選1回目の走行の際に「N・ハイドフェルドがR・バリチェロの走行進路を妨害した」として、3グリッド降格のペナルティ。
ハイドフェルドは6番グリッドを獲得していたが、このペナルティにより9位からスタートすることになる。

by pv1434-1 | 2008-09-28 08:16 | F-1 & モ-タ- スポ-ツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://private01.exblog.jp/tb/9583271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 名優ポール・ニューマン氏が死去...      F1 シンガポールGPフリー走行 >>