人気ブログランキング |
2007年 05月 30日 ( 1 )

2007年 05月 30日
急制動・・第二弾
二輪安全運転競技会、各セクションのアドバイスをしていきます。
前回は機械(測定)のチェックポイントの話、
では・・・。
今日は制動で気をつける操作/姿勢についてのお話をします。
 始まり始まり・・・・。
最初にする事はアクセルOFF(エンジンブレーキ)を使う、この時車速がどれだけ落ちるのか頭にインプット、そしてブレーキングに集中する事が失敗を防ぐ方法。
 ここでニーグリップ忘れ無いように!強くタンクを挟む、前後輪ブレーキは当たリ前ですが、上半身は前傾 しない様に(注意)・・その瞬間、腹筋・背筋に力を入れましょう。
フロントブレーキを掛ける事で前輪は路面に押さえ突けるが後ろの荷重が逃げる、これを逃がさない為に体重を後輪に乗せる気持ちで押さえつける。リヤタイヤを路面に圧力を掛ける為です(タイヤロック防止)
もう瞬間のタイミング、二輪講習会で何度も練習してるはず。
よく見かける操作ですが「停止するまでギヤダウンはしない」停止してから、1速に入れる。
 何故?
「ギヤダウンする、勿論クラッチを握る」・・・その間エンジンブレーキは効かないですよね。
三つのブレーキ有効につかう、ブレーキングに集中。
タイヤロックさせない様に「グゥーッグイーーット」力強く、瞬間に急激なブレーキはタイヤロック転倒の元、気を付ける様に!!

 二輪講習会(次回開催は6月17日)二輪技能検定日でもあります。

-----◎皆さんのコメントが毎日の励み、お手数ですが「ポンッと一言」 お願いします!◎-----

by pv1434-1 | 2007-05-30 00:27 | ライディング(基礎~実践編) | Trackback | Comments(0)