人気ブログランキング |
カテゴリ:ジェノバ:たこフェリー( 26 )

2015年 08月 26日
なんとまぁ・・・不安‼️
b0095299_09584637.jpg

待ちに待った新船「まりん・あわじ」8月2日運航開始・・・しかし数日して見なくなった?


「故障!」だって。


機関不具合で運航中止ドック入り。
世界一を誇った造船技術も・・・・今はこんな感じ。
日本の物造りに不安を感じるなぁ~。



by pv1434-1 | 2015-08-26 08:05 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(4)
2015年 05月 28日
島民の生活航路

b0095299_21393829.jpg一言・・・いいたい。
通称「たこフェリー」が休止してから原付バイクの交通手段が閉ざされてしまったが、
約2年半ぶりに淡路島の「原付バイク鎖国」が新造船により解消される。
新造船は全長32.7m、全幅8mの双胴船。
総トン数は約120トン。
180人の乗客のほかに、小型バイク8台と自転車20台を積むことができる。
建造費は約4億7520万円。

明石港~淡路岩屋港を結ぶ「ジェノバライン」に 原付(125cc)が乗船できる。

7月頃運行開始。


「しかし・・・何を考えてるんだか、わからん」
と、言うのは運賃ですわ!!

人500円+原付450円=950円
高いわ!!!

明石海峡大橋 通行料金(ETC利用)は「バイク2名乗車・軽四輪4名乗車でも750円」

200人乗ろうが20人乗ろうが一航海に対する経費は同じ、まして島民の生活航路だろ!

「島国根性丸出し、この運賃・・恥ずかしくないのかねぇ・・・・。」
「島外から来る人・観光客に優しく運賃押さえて迎え入れろ」



by pv1434-1 | 2015-05-28 21:32 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 14日
たこフェリー 赤い昇降ゲート
b0095299_171658.jpg島内の一つの歴史が終わろうとしている。

数十年前、行楽シーズンでは乗船待ちで道路は大渋滞!!
マイカーブームに乗り・・・その大動脈だった明石フェリー、
臨時駐車場を設け・・・・5~6時間待ちは当たり前。

そのフェリー乗り場、今・・・戦いの跡地のような寂しさが残っているが
数日前から撤去作業が始まり、赤い昇降ゲートが取り壊されようとしている。
観光地だった淡路島の玄関!

by pv1434-1 | 2012-09-14 17:17 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(2)
2011年 11月 17日
たこフェリーは もう戻らない。
b0095299_233949100.jpg早いもので、
たこフェリー運行休止から1年が経つ。

再開なお不透明!!

個人的には再開して欲しいが無理でしょう。
色々と噂話しは耳にしますがね、

「ただただ・・・ムカつくだけ」


思い出
 「たこフェリー最後の便!!」

by pv1434-1 | 2011-11-17 23:40 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 01日
自転車を・・ジェノバに乗せ
b0095299_2229214.jpgたこフェリーも再開の目処たたず!
で、今回・・自転車を・・ジェノバに乗せ島を脱出・・・乗船券+自転車乗船券¥200で~す。
「まりーんふらわあ2」 に乗船・・この船 後甲板意外と広い・・・。
原付スクーター 5~6台は乗せる事出来そうですが乗せる事出来ないんでしょうかね~!
個人的には、原付スクーター乗せてもらえれば・・・と。

「べぇ~つに」(エリカ風に)・・・「フェリー無くても」 と・・思えるが。b0095299_1030211.jpg

by pv1434-1 | 2011-11-01 22:29 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 25日
「たこフェリー」 再開白紙に
この様な記事を見付けました。

 淡路市も反対姿勢に!!
昨年11月から運航を休止している明石淡路フェリー(明石市、愛称・たこフェリー)が小型のフェリー船を購入し、運航を再開させる計画について、同社の筆頭株主である淡路ジェノバライン(淡路市岩屋)とともに検討を進めてきた淡路市の門康彦市長が24日、明石市役所で泉房穂市長と会い、計画に反対する泉市長に同調する考えを伝えた。
事実上、計画は白紙に戻る見通しとなった。

「はいはい・・・適当に上げたり下げたり シトイテ下さい」 あなた達の思考回路はショートしたままです!
ワテワ車に原付積んで生活して行きますので!!

しかし、二輪講習会は続けるでぇ~。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
≪ 淡路安全運転二輪講習会 11月20日 開催 受講生募集中 ≫ 
整備不良車等:音量の高いバイクは参加できません、マフラー交換車は論外,当日お越し頂いてもお断りします。
 (注)講習時間:10時00分開始~16時00分終了予定
★ 講習開始10分前には受付を済ませて下さい (受付時間:AM 9:00~9:50) 受付時間厳守、遅れないように注意して下さい。


by pv1434-1 | 2011-10-25 00:53 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(3)
2011年 10月 21日
たこフェリー再開?
こんな記事がでてました。

明石市「寝耳に水で容認できない」 と・・・一波乱ありそうですが!!
経営悪化で昨年11月に休止した「たこフェリー」の運航を12月に再開する方向で、
運航会社の第三セクター「明石淡路フェリー」(明石市)と三セクの株を持つ兵庫県淡路市が調整を進めていることが21日、分かった。
三セクの筆頭株主「淡路ジェノバライン」(淡路市)が明らかにした。
明石市の泉房穂市長は21日、記者会見し「昨日になって淡路市から経緯を聞いた(株主の)明石市としては寝耳に水で容認できない」
と批判したが、12月再開に賛同するかどうかは明言しなかった。

ジェノバ社によると、淡路市との協議では、明石淡路フェリーが長崎市?の海運会社から小型フェリー(198トン、121人乗り)を購入し点検後に運航を始める (12月1日)予定
b0095299_18231565.jpg125cc 以下のバイクや自転車、旅客に限定し、トラックや乗用車は対象外とする方針。
船尾に車の乗降口があり、車5台の積載が可能だが、「二輪」の需要にターゲットを絞る。
従来のフェリー乗り場は廃止し、淡路ジェノバラインの乗り場を発着する。
まぁ・・・解釈のしかただが、
「ジェノバラインが原付自転車を載せることの出来る小型船を就航させる」と言う事ですね。

明石海峡大橋と価格競争しなくてすむから良いんではないかなぁ!
ただし・・・足元見るような運賃だけは、やめてくれよ!!
あっ・・・橋は原付走れないから関係ないか。


この船になるのかな???

by pv1434-1 | 2011-10-21 16:25 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 14日
関門海峡フェリー休止
b0095299_22184255.jpg明石~岩屋 「たこフェリー」が無くなって1年が経とうとしているが。
また、悲しいニュースが、
船に支えられてる島国なのに・・・この国は、こんなんでいいんですかね~!
関門海峡フェリー休止
下関市の荒田港と北九州市の日明(ひあがり)港を結ぶ関門海峡フェリー(下関市)は、
経営難を理由に11月30日を最後に運航を休止する。

このフェリーには乗った事ないんですが、大きさから言えば、
初代明石フェリー[あさぎり丸]と同じ大きさかなぁ!
・船名フェリー[ふく彦]
・自動車航送能力 8tトラック12台 ・普通自動車12台 ・旅客定員 250名
・主機の種類 ディーゼル機関 ・航海速力 8ノット ・総トン数 680t ・車輌甲板高 4.4m

で、思いで思い出・・・・過去を振り返り、レトロな淡路島。


by pv1434-1 | 2011-10-14 22:18 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 08日
明石~岩屋 連絡汽船
b0095299_1629834.jpgたこフェリーが運航休止して一ヶ月が経とうとしている。
(明石~岩屋航路)
歴史ある播淡連絡汽船からジェノバが経営を引き継ぎ今に至る。
今・・・・、
ジェノバライン(連絡汽船)を利用している。
が・・・なぜか落ち着かない。
船が小さいから?

"まりーんふらわあ2"
(1992年竣工:総トン数104トン、旅客定員:235名)

b0095299_1627458.jpg乗船したのは船名(レッドスター2)
船内は、すこし窮屈だが 船足(スピード)を出す為
船体はアルミ合金で軽く造っているので、小刻みな揺れが多く
余り快適とは言いにくい。
三隻就航船の中で一番小さい船である。
しかし 高速艇なので乗船時間は短かく約13分で着く。

"レットスター2"
(2001年6月竣工:総トン数19トン、旅客定員:63名)
ジェノバHP 時刻表こちら!

b0095299_162456.jpgb0095299_1625658.jpg
昔の鉄造船でユッタリ揺れる播淡連絡汽船が懐かしく思える、当時の岩屋港桟橋は漁港の中にあり接岸に高度な操船技術が必要だった。
もっと古くは木造船でしたが・・・・記憶に無い!
(昭和30年代の播淡連絡汽船・・絵島丸)と(昭和40年代の播淡連絡汽船・・からたち丸)


by pv1434-1 | 2010-12-08 16:49 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 16日
神戸新聞 (淡路版)
たこフェリーが無くなり生活のリズムが変わったなぁ~。  今日の新聞記事!
b0095299_17162374.jpg


by pv1434-1 | 2010-11-16 17:17 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(2)