人気ブログランキング |
カテゴリ:☆二輪免許取得 物語②( 16 )

2006年 07月 10日
二輪免許取得物語 (第16 最終話) 完璧 スクーピー50
    * * * * *  最 終 章  * * * * *

b0095299_937332.jpg名前が呼ばれ,ヘルメット手袋装備,淡々と発進の手順を済しスタート、練習と同じ 「良し落ち着いてる」一安心。
彼女を目で追わえていますが、何の迷いも無く自信もって課題を難なくクリアーしていきます。
法規走行も完璧に教えたコースを走ってます、安全確認・加速・減速メリハリもある。
走ってる姿は超スムーズ、振ら付きも無く上手に見えます。
辛口の採点仕様でチェックして見てますが、減点無いですね〜。
「本番でここまで走れるとは・・・予想外」
「練習どうりの力を出してます」「後は急制動のみ」
進入スピード申し分なし。急制動も完璧、後は発着点に帰るのみ。

彼女満艶の笑顔で 「終わったぁ〜 ドキドキしてたョ!」
「えっ 今か?」
「試験中ですョ〜! で どうでしたぁ?」
「もう〜完璧ゃ!受かってると思う いや受かってる」私も笑顔

試験官より
「好く練習して来てるなぁ、きみは 初回受験やなぁ・・・おめでとう」 「合格予定です」

明後日 試験官と雑談中に
「ー昨日,普通二輪で大暴走したのが居てなぁ しかし危なかったなぁ」
「“ 試験場で事故 ”シャレにも成らんよなぁ〜」
「あれは あれでビックリしたがそれよりも、凄い女性が一人 小型ATで満点合格が出てなァ、進路変更・安全確認・その他コース走行も完璧、知り尽くしてる『バックにプロの指導員がいるなぁ』 そう言う走りやった・・・。」
「あっそォー・・・・へェー凄いね」

   < 一発合格おめでとうございます >

スクーター買って3週間 「街乗りが怖い〜 」 の 彼女 図書館でお会いしましょう。
・・・減点0・満点合格でした。

------------------- 終 わ り -----------------

by pv1434-1 | 2006-07-10 01:29 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(4)
2006年 07月 07日
二輪免許取得物語(第15話) 本番 スクーピー50
2005年 8月8日(試験車両、静かに待機中)
b0095299_20184273.jpg今日(月曜日) 運命の本番:初回の実技試験は昼からです。
八月八日:末広がり いい日です。彼女から
「試験手続き済ましましたぁ〜」と メールあり。
受験生15〜17名ぐらいとの事 夏休みですから多いですね!
コース見学は12時〜13時まで歩く事ができます、昼食してる時間ありません、
まずコース下見、もう見慣れたコース今まで何周廻ったか? 15周ぐらい・・いいえもっと周回してるはず。 1時よりテスト開始、試験官からの事前説明も終わり、いよいよ実技試験の始まり。普通二輪クラスから試験スタートするも完走も出来ず!次々と帰ってきます。
もう半数以上は終わったかなぁ〜と、その時 
大ハプニング〜〜! 中央交差点より急発進 大 大暴走~!!「あぁ〜 危ない〜!!」 ボコ凹ボコ凹障害物のパイロンなぎ倒し止りませ〜ん。
「縁石にぶつかる〜!!」「ああぁ〜〜〜!!」
ほぉゥ〜止まりました「良かったぁ〜〜」
次に試験官が暴走「何を考えてるんや〜止まれ〜っと言ったのが聞こえ無かったのかぁ〜!!」
「×;・・*・;。▽;。」ココには書けません。 凄い剣幕でした。
今から試験を受ける受験生はこの一件で もう緊張の頂点に! 「可哀想に・・!!」
と 思い ふと彼女に目をやると笑顔でお茶飲んでます、
「私しには関係無い」そんな顔つきでした。
「なんと図太い子やなぁ〜」
「あっ、いやいや・・・・落ち着いた女性です」
とんだハプニングがありましたが試験は単調に続いています・・が・・・先ほどの一件で受験生ガチガチあきらめモード!
で、普通二輪クラスは全滅!!
いよいよ小型AT二輪の始まり、彼女の順番が来ました。
(次回につづく)

by pv1434-1 | 2006-07-07 00:38 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(0)
2006年 07月 04日
二輪免許取得物語(第14話) 後2日 スクーピー50
2005年 8月6日
今日(土曜日) 本番まであと2日

「ウォッス 明後日 本番やなァ~」
「こんにちはぁ~宜しくお願いします」 「ドキドキして来たぁ~」
「はいはい」

「各課題の最終チェックするからな」

「はぁ~い」
「今から全課題一回のみテスト・採点するから 準備いいか」
まずは、法規走行から・・・・・。  次 課題走行・・・・・。
・・・・・一通り済ます!

「うーん・・・・・エンジン止めて!」

「どうでしたか??」
「良く出来てるが・・う~ん!」
「安全確認の仕方、もう少しアピールしよう」
「それぐらい・・・・かなぁ~ 今日はこれで終わろ~か」
「ご苦労さん、明日はユックリ休んで下さい」
「有難う御座いました」
「では月曜日 昼休み二輪試験場で会いましょう」

一発チャレンジまで あと2日
(次回につづく)

by pv1434-1 | 2006-07-04 01:37 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(0)
2006年 07月 03日
二輪免許取得物語(第13話) 後3日 スクーピー50
2005年 8月5日

今日(金曜日) 本番まであと3日
試験コースの最終チェックしに彼女「明石運転免許試験場」に来ています。
例の如くお昼~1時の間 私とコース散歩で~す。
「この暑さこたえるネ」と 言いつつ、ワザとミスコース!!
「間違ってますよ!」「ここ左折ですよぉ」
「あっ そうか・・。」ハハハァ 良く覚えてます安心しました。
「暑っい~ぃナ~」1周 廻ってもう休憩です、
「!!!!!!!」
「私 もう1周コース廻って来ます」
「いってらっしゃ~い」
まだ不安なのかなぁ・・・? 本当に熱心です。
コース歩いてる姿を採点しながら見ていますが、もう満点です。
コースに関しては、もう教える事は無いネ。

「じゃ~明日ネ」
「エェ? 今日は練習しないんですか・・・?」
「明日 各課題の最終チェックするから、夕方いつもの駐車場で!」

一発チャレンジまで あと3日
(次回につづく)

by pv1434-1 | 2006-07-03 00:22 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(0)
2006年 06月 27日
二輪免許取得物語(第12話) 後7日 スクーピー50
2005年 8月1日

彼女 実技試験の予約取りに行ったのかな?と 思いつつ、その時一通のメールが!
彼女から・・「実技試験の予約 8月8日月曜日に取れました」
「そうかぁ~来週の月曜日か、後 二日は練習出来るなぁ・・!」と 思いつつ、
「各課題の最終チェックと法規履行走行・コース攻略の再確認でもしときましょうか・・!」
今後の予定を考えながら・・「ハハハァ~仕事に集中・集中」

彼女、運転免許試験場へコース下見に来ています。
お昼12時~1時まで暑い中 頑張って試験コース歩いて下見してます。
1時半からは実技試験見学し2時頃帰りましたが・・。
彼女、街でブラブラ時間ツブして、私の仕事終わるのを待ってくれてました。

「お仕事、お疲れさまぁ~」
「疲れた~、暑さに負けるワ~~と」言いつつ、
またまたクーラーの好く効いたファミレスで彼女と一息
お替わり自由のドリンクバー これが安くて一番です。
一気にがぶ飲みぃ
「フゥー 生き返る」
良ぉしぃー。 
「では気合入れてコース攻略の説明しョッか!」
「乗車から・・・・終了降車まで、細かく説明」
彼女、完璧に頭に入ってます。もう説明の必要無いネ・・!
後は本番独特の あの緊張感の中で何処まで実力発揮できるかぁ う~ん??。
一発チャレンジまで あと7日
(次回につづく)


by pv1434-1 | 2006-06-27 00:27 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(0)
2006年 06月 23日
二輪免許取得物語(第11話) 表敬訪問 スクーピー50
2005年 7月30日

二日続けての練習 ダンダン気合 入ってます。
明石二輪試験場に来てます、二輪安全運転競技全国大会出場選手の特練見学です、
と 言う事で彼女と表敬訪問です
(今日無理に休みを取ってもらいました、これを見せるために)
「おはようございます」「おはよう」
監督、コーチ 選手の皆さんとは顔見知りで・・・それと(当クラブPrivate1から3選手)が代表に選ばれてます、
皆さん汗諾々で頑張ってます 暑い中大変。
彼女には見学するように指示。
暑い中見てるのも大変ですが選手は・・・汗汗汗のみ!!!!
朝10時~15時まで試験場にいましたが、
特練選手達に「先に帰るからナ、頑張れよ」
激励の熱い言葉を残し試験場を後に・・・・私達は、
クーラーの好く効いたファミレスに場所を変え、今後の打ち合わせ。
「見学して何か身に付いたか?」
「ただ、凄いの一言」
「法規走行が良く解かったです」
「そうか・・・じゃ」
「いつ試験受けるか今日決めよう」
今夏休みに入ってるので受講生が多く二輪試験は予約制になってます。
「仕事の休みシフトわかる?」
「木曜と月曜日休みです」
「木曜日は大型二輪の試験日ですから、8月8日、月曜日に決定しよう」
「あっ はい 何か緊張するね」
「あのナ・・・・今から緊張してどうするの!」
「1日の月曜日に試験場へ予約しに行く事」
「は~い」「頑張りま~す」 
一週間後ですから予約取れるでしょう
(次回につづく)

by pv1434-1 | 2006-06-23 09:28 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(0)
2006年 06月 20日
二輪免許取得物語(第10話) 初ゴケ スクーピー50
2005年 7月29日

「コンチハ」
「こんにちは」
「まだまだ 暑いね」今日も仕事帰り・・少しお疲れモードです
夕方6時頃から練習開始です。
「先週バイクに乗って面白かったかぁ~。」
「楽しかったですよ~ォ」「また、乗せてくださいネ」

「では 始めようか いつものコース採点するからね・・・!!」
合図の出し方、安全確認、進路変更、加速~減速、停止 かなり板に付いてます、
「良し良し・・・良く出来てます」
今日は急制動を徹底して覚えて貰います。
海沿いの堤防に場所変更です、人は来ないし見遠しよく長~い直線が有ります。
30km/h からの制動、ブレーキのタイミングを主に!!練習です。
簡単にこなしてます、
次は40km/h からの制動、少しのズレがあります、反復練習の開始です。
次は50km/h からの制動、かなり苦戦してます。
当たり前ですが難しい事を練習しましょう、後が楽になりますので・・・・。
「あらッ・・帰って来ない どうしたのかな??」
「どうしたんやぁ」
「ハハハァ・・Uターンする時転倒して~バイクに傷入ったぁ」
「初 ゴケやな!」
気の緩みです、今日はこれで終わりましょう。
明日仕事休みですから、また明日。
(次回につづく)

by pv1434-1 | 2006-06-20 19:54 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(1)
2006年 06月 16日
二輪免許取得物語(第9話) 「いっくぞぉー」 スクーピー50
2005年 7月23日

「コンチハ」
「こんにちは」
「二日続けての練習 間を空けるより身に付きますヨ!」
「昨日と同じコース(駐車場)で反復練習しますね」
「練習前に、コース一周 走行するね・・・。」
「今から採点するよ!」「乗車から停車・降車まで、では 発進、行きましょう」
「へエ~、良く出来てます、70%位の仕上がりですね」
彼女、いつもの笑顔で
「どうでしたぁ・・?」
「良く出来てるが、確認の仕方が悪い、試験官にアピールする様に大げさに『私 確認してますよ』と分かる様にやろう」
「はい」
「では、もう一度、最初からネ」
「うん 乗車から始めよう~ッと」
「良し良しいいね、しかし走りのメリハリが無い 上手に乗ってますが・・・・う~ン?」
休憩しよう
練習バイクがスクーピー50おまけに4サイクル出足が遅くて。メリハリの意味が解かってません (試験車両:アドレスV125そこそこ走ります)
少し荒治療ですが、娘のランツァー230が有りますのでチョトお借りして、二人乗りでドライブにお出掛けすることに・・。

「加速する時は足でバイクを力強く閉める、わかったかぁ!」
「いつ??」
「いくぞォ と 声掛けるから、その瞬間に足を閉めろ」
「いいかァ・・いくぞォー」
「プォーーーン」
「ヒィェ~・・・・怖いぃ~・・・凄ォ~・・速い~ぃ・・・・・ヒャー・・・息が出来ないぃぃ~~~。」
「ハハハァ~、ジェットコースターみたいぃ~~ハハァ~楽しいぃー」
「おい、鼻たらしてるぞ!!」「えええーーーッ」
「恥ずかしいィ」

何をしたのか内容は書けません・・ご想像に 「オ マ カ セ」 します。
(次回につづく)

by pv1434-1 | 2006-06-16 22:01 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(0)
2006年 06月 14日
二輪免許取得物語(第8話) 一発狙い スクーピー50
2005年 7月22日

「コンチハ、夕方やのにまだまだ暑いな~」
私も彼女も仕事帰りです。

さて、始めようか。
「練習の一番最初が本当の実力ですから」
「分かってるね!!」
「はい」
「いいですか、試験は一回勝負もう一度』・・は無いからね」
「コース覚えているね、では 発進しましょう」
駐車場にコースつくって法規履行に重点おいてます。
乗車から発進~エンジン停止、降車まで、採点しますからね!!
何度も反復練習、自然に身に付くまでやりますから・・・・・ね。
私も少し指導が厳しくなっています。
彼女の顔つきにも変化が見られ、いい表情です。
しかし笑顔は忘れていませんネ。

彼女一発合格を狙ってます。もちろん 私も狙ってます。
各課題にはもう不安はありませんが・・・安心は出来ません!!

99%の自信があっても1%の失敗が本番では、意味がありませんからネ。

一発試験に挑戦のみなさんは、
小型二輪AT(原付50と同じや)と軽く考えているのか?
6月からAT免許が施行されて受けに来る人の多いこと 多いこと。
しかしまだ たった2名?の合格者しか、いないとの事です。
この2名の合格者は教習所指定校の生徒?・・・との話ですが?
(次回につづく)

by pv1434-1 | 2006-06-14 00:11 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(0)
2006年 06月 12日
二輪免許取得物語(第7話) 試験課題 スクーピー50
2005年 7月17日
*淡路二輪講習会 二度目の参加です

しかし暑いですね~。
今日の講習会参加の練習目的は
試験課題(一本橋・急制動・S・クランク)を重点に!!
後は楽しく走りこみ・・。
基本のコントロール低速ターンがかなリ身に付いてます、練習の成果が出てます。
小回りクランクも安定してます。
一本橋タイム15秒「いいね~・・満足!」[小型二輪=試験は5秒以上]
急制動に一抹の不安がありますが・・![小型二輪=試験は30km/h]
小型二輪はスラロームがありません。
これからの練習課題が見えて来ました。

彼女 楽しく走り込んでます *上達の第一条件は楽しく乗ること
試験ではメリハリ(加速・減速・停止・徐行)が大事です・・。
ただ走って試験課題をこなすだけでは受かりません!!。
もちろん交通法規も・・ですが。
(次回につづく)

by pv1434-1 | 2006-06-12 12:52 | ☆二輪免許取得 物語② | Trackback | Comments(0)