<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 31日
無駄な時間
b0095299_18481784.gif今年のスタートは 可も無く付加も無く過ぎてしまった。

早い1ヶ月だった。
2月は逃げる、3月は去る・・・・、 「あ~ぁ・・・今年も無駄な年を過ごしそうだ」

「何か燃えるものは・・・必死に打ち込むものは・・・ハァ~! ないなぁ~!」

・・・・無駄な時間だけが過ぎて行く・・・・・刺激が欲しい。
[PR]

by pv1434-1 | 2010-01-31 18:48 | 思い出 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 30日
今年 最初の衝動買い。
b0095299_2027542.jpgどちらかと言えば家電オタク・・ポッ・・イ が、
ただ家電が好きなダケ(決してオタクでは無い)

居間に置いてるメインの「28インチ:ブラウン管TV」まだまだ使えるので、
後1年は買わない・・と決めていたが、
つい安さに目が眩み・・・地デジTVを買ってシマッタ!
 東芝REGZA(32A900S)大きからず小さからずの32インチ液晶TV 中途半端な大きさですが、
価格は¥59,660・・・エコポイント12,000円付き。
この製品 「液晶パネルはSAMSUNG製」 との事、
だからこの価格かなぁ? 「まぁ・・32インチでこの価格は高くはないでしょう・・・自己満足!」
・・1年後の繋ぎですわ! ねらい目は42~46インチを考えている。
東芝 レグザ
[PR]

by pv1434-1 | 2010-01-30 20:31 | 趣 味 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 28日
フェラーリF10
b0095299_20161396.jpg久々のF1記事
第一弾 2010年シーズンのマシンを発表「フェラーリF10」
昨年の失敗から、ジックリ時間を掛け開発をした、渾身の一台!
で・・・ドライバーは「フェルナンド・アロンソ」
今シーズンは期待が持てそうだ!
まぁ・・・フェラーリのファンでは無いので。
活躍して欲しいのは「ザウバーの小林 可夢偉」
開幕が待ちどうしい。
フェラーリ
[PR]

by pv1434-1 | 2010-01-28 20:16 | F-1 & モ-タ- スポ-ツ | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 28日
長年お世話になった、たこフェリー 三姉妹。
b0095299_14594997.jpg三女の「あさなぎ丸」遠く東南アジアの「タイ王国」に身売り。
で・・噂では売買 「1億2千万円ぐらい・・・・らしい」
船の相場は解らないが、大変・・良い単価らしい。
タイの国は景気がいい・・らしいから。
また、国内相場では売買3千万円がいいところ・・らしい、高いか安いかは価値観の違い?
「らしい・・らしいで・・ほんとの事は、わっかりませ~ん」 と
・・・・・・港での噂話です。
[PR]

by pv1434-1 | 2010-01-28 14:57 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 26日
たこフェリー 三姉妹
b0095299_16534372.jpgb0095299_1654535.jpg
b0095299_16545335.jpg長年親しんでいた、たこフェリー
(あさかぜ丸:あさしお丸:あさなぎ丸) の三姉妹。
景気悪くフェリーは大変だ! (橋の影響にETCが堪えた)
で、悲しいかな口減らしに末っ子の「あさなぎ丸」が養女に出される。
外観はそっくりだが、二姉と内装が違い、
末娘だけ客室の側甲板が無い、その分客室が広い。
しかし一隻減ると運行ダイヤに支障が出るだろうな。

「あさなぎ丸『愛称 イルカ』 3月を持ってお別れ!」 19年間ご苦労様。
(就航 平成3年10月)
[PR]

by pv1434-1 | 2010-01-26 17:03 | ジェノバ:たこフェリー | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 23日
零戦52型 三菱(A6M5)
今日は趣味の世界に浸ってました、
この零式艦上戦闘機(零戦52型) はオリジナルに一番近いと言われている。エンジンは「栄」発動機で飛ぶ、世界唯一の本物。
難を言えば、スピンナーの形に違和感(尖りすぎ) 

日本にも里帰りし日本の空を飛んでいます、また映画(パールハーバー)にも主演 「真珠湾作戦時の零戦は21型だ!」で塗装は明灰白色(薄飴色と言われている)
映像の52型は後期モデルで、
零戦には三菱製と中島製がある、これは中島製らしい (富士重工業スバルの前身である中島飛行機製作所)


[PR]

by pv1434-1 | 2010-01-23 18:22 | 趣 味 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 22日
キャンプイン!
b0095299_23421836.jpg新年走行会も無事 好天の中開催できた、
次月より、基本走行を重点に取り組みます、プロ野球でのキャンプイン見たいなモノかな?
ノンビリとスキルアップと行きましょう。
---------------------------------------------------------------------------------
030.gif 2月21日 ≪ 淡路安全運転二輪講習会 開催 受講生募集中 ≫ 
音量の高いバイク(整備不良車)は参加できません、マフラー交換車は論外,当日来て頂いてもお断りします。
------(注)講習時間 (10時00分開始~16時00分 終了予定)------

(会場9時00分開門 慌てず安全運転でお越し下さい)
[PR]

by pv1434-1 | 2010-01-22 23:42 | 淡路安全運転二輪講習会 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 20日
苦使しています。
b0095299_18211413.jpg【BiG MACHINE】
一度は愛車を眺めて見よう、違う角度でね・・・。

講習会でライテク磨きも大事なことですが ツーリング等の通常走行と違い、
アクセルの急激なオンオフにハードブレーキに半クラ多用!!
勿論・・タイヤ・ブレーキパット・クラッチ回りなどは消耗品、もう・・・信じられないぐらい負荷が掛かっている。
Rブレーキ・クラッチなどは一本橋走行?数本で街乗りの1年分ぐらいは使ってるかも、
7パイを真剣に走行すると数十分で見る見るタイヤは減っていく ブレーキパットもネ。
ライテクを磨くのもいいが、休みの日は 「一度真剣に愛車を点検して見ましょう」
メンテナンスもライテク磨きに必要!
・・・講習会ではバイクをかなり苦使しています。
自分の為にも。
[PR]

by pv1434-1 | 2010-01-20 10:40 | 本&DVD/テレビ | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 19日
こんなニュースが!
b0095299_0577.jpg若者の二輪車離れ顕著に 09年出荷は前年比3割減!
二輪車の2009年国内出荷台数は前年に比べて27.1%も減ったと、日本自動車工業会がこのほど明らかにした。
若者のバイク離れや消費不況が影響したとみられている。
それによると、出荷台数は38万777台で、統計をはじめてから最低の水準になった。
ピークの1982年の約9分の1にまでなっている。
原付きバイクは13.6%減に留まったものの、51cc以上では44.7%も減少した。
 ◎ 当二輪講習会もピーク時と比べ昨年の参加人数は45%減!
バイクの販売台数に比例するのかなぁ~!
←(スズキの新型:グラディウス400 ABS) 記事とは関係有りません。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
030.gif 2月21日 ≪ 淡路安全運転二輪講習会 開催 受講生募集中 ≫ 
音量の高いバイク(整備不良車)は参加できません、マフラー交換車は論外,当日来て頂いてもお断りします。
------(注)講習時間 (10時00分開始~16時00分 終了予定)------

(会場9時00分開門 慌てず安全運転でお越し下さい)
[PR]

by pv1434-1 | 2010-01-19 00:06 | 憧れの車&バイク | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 18日
2010年初講習会
b0095299_723282.jpg第58回 淡路安全運転二輪講習会
お昼恒例 今年初チャレンジ一本橋走行、今年の運気はご覧の通り。
(参加車両名・・・・タイム)
XT660X・・・・・・・・27秒77
CB-400白青・・・22秒32
MT01・・・・・・・・・・脱輪
ランツァー230・・・・脱輪
ZRX400・・・・・・・・脱輪
CB-400青・・・・・脱輪
XR-250・・・・・・・35秒74
CB-400白青・・・23秒82
ハスラー50・・・・・・脱輪
CBR1000無・・・・脱輪
GSR600・・・・・・・脱輪
Jog50・・・・・・・・・36秒97
CBR1000ネ・・・・41秒59
・・残念ながら脱輪された方は今後運気は上昇、
これ以上・・・・下がりようが無いので、間違いなくアップするで笑・・。
[PR]

by pv1434-1 | 2010-01-18 18:11 | 淡路安全運転二輪講習会 | Trackback | Comments(2)